整理収納術

年に1度しか使わない「季節のイベントグッズ」をスッキリ収納するコツ

更新日:

雛人形、ハロウィンの仮装アイテム、クリスマスツリー、お正月用品など、季節のイベントに使う物ってたくさんありますよね。
年に一度しか使わないのにかさばる物も多く、どのように収納すればいいのか悩みの種になりがち。

今回は、そういった季節のイベントグッズを収納するコツについてお伝えします。

収納の前に必要なもの選別!いらないものは処分!

収納する前に意外と忘れがちな大切なことがあります。それが必要な物を選別することです。

もし、「今年は使ったけど、来年は使わないかも。」「長く使ったから、ボロボロになったな。」と思う物があれば、思いきって処分しましょう。
「これは、来年も絶対に使う!」と思う物だけを残すことで、無駄なスペースが必要なくなります。

行事ごとにグッズをまとめて、分かりやすい収納を!

収納する時は、その行事ごとにひとまとめにすることがポイントです。

細かいアイテムはバラバラにならないよう、同じ種類の物ごとに小分けにして袋に入れておきましょう。
同じ季節に使う物は、なるべく近くに収納するようにします。

その際、中身がわかる透明の箱やカゴに入れたり、ラベルを貼ったりして、何が入っているのか一目でわかるようにしておくと、取り出す時に便利です。

利用頻度が低いので、どこに何を収納したかを忘れないようにする工夫が大事です。

年に一度しか使わないなら収納場所は奥や上の方に!

季節のイベントグッズを取り出すタイミングは、基本的に年に一度しかありません。
そのため、収納場所は、押入れやクローゼットの奥や、上段、屋根裏などの取りづらい場所で大丈夫です。

逆に、利用頻度の高い物を使いやすい場所に収納できるよう、使い勝手の良い場所はスペースを開けておきましょう。

また、季節物をしまうスペースがなくて困っている方もいらっしゃると思います。
部屋の中に収納するスペースがない場合は、トランクルームを利用するのもオススメです。

おわりに

利用頻度は少ないけれど、日常を豊かにしてくれるのが季節行事に使うグッズです。
大切に収納できる場所を、ぜひ考えてみてください。

ライタープロフィール
竹内えりな 竹内えりな

竹内えりなのときめき片付けレッスン
日本ときめき片付け協会

「まだ使えるから」という理由から、モノが捨てられず、
モノに埋もれた生活を送っていた二十数年。

片づけが得意な友人とルームシェアをしたことがきっかけで、徐々にモノが捨てられるようになり、
モノを減らしたことで、ラクに生きられる自分を体感。

「もっと片づけを学んでみたい!」
そんな気持ちから、整理収納について学び、仕事として始める。

現在は、片づけられない女から片づけられる女になった自身の経験を活かし、
講座やセミナー、個人レッスンなど、全国で活動中。

【 経歴 】
2012年より家事代行会社にて、整理収納アドバイザーとして活動開始。
お客様へ整理収納サービス行いながら、スタッフさん向けの整理収納の講座や研修を担当。

その後、「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤麻理恵さんが顧問を務める『日本ときめき片づけ協会』の0期生として、
こんまりさんから直伝で「ときめき片づけ法」を習得。

2014年より、片づけコンサルタントとして活動開始。

関わらせていただいたお客様は、延べ500名以上にのぼる。

お客様の『好きなモノに囲まれたお部屋づくり』のお手伝いができることに喜びを感じ、日々活動中。

【 保持資格 】
☆整理収納アドバイザー1級
☆整理収納アドバイザー2級認定講師
☆ときめき片づけインストラクター
☆ときめき片づけコンサルタント2級

-整理収納術

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.