タンス 整理収納術

余った紙袋を活用!タンスの仕切り収納ケースに早変わり!

投稿日:

ついつい貯めてしまいがちな紙袋(ショッパーバッグ)
「可愛いらしい」とか、「綺麗でもったいない」からと使わずに、けっきょく大量に自宅保管されている方が多いかと思います。

処分したくても捨てられない方は、紙袋を収納ケースとしてリメイクして使いましょう!
そこで今回は、我が家で実践しているタンス(クローゼット)の収納方法をご紹介します。

紙袋をタンスの仕切りに活用!

紙袋製ケースの作り方はとっても簡単!
まずは手の部分はカット。次にふちを中に折り込むだけで出来上がり。折り込むことで強度が増します!
収納サイズに合わせて紙袋も色々なサイズを使い分ければOK。

前述のとおり、紙袋をタンスの仕切り替わりに利用します。入れる物によって紙袋の高さも調整します。ジャンルで分けることも大切ですね。

紙袋に衣服を入れる際の注意点!それは絶対に重ねず、縦に入れましょう!
折りたたんだ衣類を縦に入れると、開けた時にすぐにどこに何が入っているのかが一目で分かり、スムーズに取り出すことができます。加えてよく使うものは手前に入れるようにしましょう。

ソックス・下着・シャツ・ハンカチ等の細かな物は、タンスの中で一番ゴチャゴチャしてしまいますよね。収納の時、上に重ねてしまってしまうと、下に入れたものが見えず取り出すのも大変になるので、絶対に縦に収納していきましょう。

そのほかに、「いっぱい入るから」と大きな紙袋をチョイスする方が多いのですが、それは絶対に止めましょう。
「大は小を兼ねる」という言葉が頭によぎりますが、入れるものごとに合わせた大きさの紙袋をチョイスしましょう。

あとは衣類と衣類の間にデッドスペース(余分な空白)を作らないように、紙袋ケースをパズルのように引き出しの中へ入れるのもコツです。デッドスペースがゴチャゴチャの原因になります。

まとめ

コツをひとつプラスすることで収納力もグーンとアップします。今回は紙袋を利用しての収納方法をご紹介しましたが、実際に100均や雑貨店ではなかなか自分の思い通りのサイズのカゴを買う事ができず悩んでいた事がきっかけで始めました。
紙袋だと好きなサイズで収納ケースを作ることもでき、コストも0円で済んだので、クローゼット以外の収納でも利用してます。

さいごに、衣類を自分の目で管理をすることができ、無駄買いが減り、断捨離をする事もできるようになりました。

-タンス, 整理収納術
-

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.