整理収納術 クローゼット

キレイな状態で保管したい!ドレス・小物の収納法

更新日:

ドレス

結婚式やパーティーで着るドレスですが、着る機会はそんなに多くない方がほとんどだと思います。
「久しぶりに着ようとしたら傷んでいた・・・」ということのないように、
ドレスや小物を良い状態で保管しておくためのポイントをお伝えします♪

ドレスの収納法~かける場合~

ドレスは、一度着たらすぐにクリーニングに出しましょう。
自分では気づかない汗ジミや汚れは、時間が経つとなかなか落ちなくなります。
家で洗濯するのが難しい素材も多いので、クリーニングが安心です。

ただし注意してほしいのが、クリーニング後についてくるビニールのカバー。
埃よけとしてはいいのですが、ビニールだと蒸れて生地が傷みやすいので、不織布のカバーを使用するようにしましょう。
不織布のカバーだと通気性も良く、埃や汚れからも守ってくれます。

ドレス収納法~畳む場合~

クローゼットにかける場所がない場合は、畳んで桐の箱に収納するのがオススメです。
もちろんタンスに収納してもいいのですが、桐の箱は特に通気性が良く、カビや虫食いから守ってくれます。
箱の中や引き出しの中には、除湿剤も一緒に入れてあげるとより安心です。

小物の収納法

ドレスを着る際に必要になる小物類。
特にバッグや靴などは、ドレスとセットで用意している方も多いのではないでしょうか。

ドレスと同じく、使う機会があまりないバッグや靴に関しては、いざ使う時にキレイな状態で使えるようにきちんと収納しておきましょう。

バッグは、引き出しに入れておくと埃がつきません。
また、棚に置いておく場合などは、布を巻いたりかけておくだけでも、汚れや埃避けになります。

なお、出番の少ない小物は、使うバッグの中にしまっておいても良いでしょう。
例えば、結婚式にお呼ばれした時用のバッグの中にふくさを入れておく、ご祝儀袋と筆ペンを入れておくなど。
使用頻度が低い物も一緒に入れておくことで、いざお呼ばれした時にラクに準備ができ、忘れることもなくなります。

そして、ドレス用の靴は、箱に入れて収納しておくのがオススメ。
箱の中には、脱臭剤や除湿剤も一緒にいれてあげましょう。

使用頻度が低いからこそ、いつまでもキレイな状態で保管しておきたいですね!

ライタープロフィール
竹内えりな 竹内えりな

竹内えりなのときめき片付けレッスン
日本ときめき片付け協会

「まだ使えるから」という理由から、モノが捨てられず、
モノに埋もれた生活を送っていた二十数年。

片づけが得意な友人とルームシェアをしたことがきっかけで、徐々にモノが捨てられるようになり、
モノを減らしたことで、ラクに生きられる自分を体感。

「もっと片づけを学んでみたい!」
そんな気持ちから、整理収納について学び、仕事として始める。

現在は、片づけられない女から片づけられる女になった自身の経験を活かし、
講座やセミナー、個人レッスンなど、全国で活動中。

【 経歴 】
2012年より家事代行会社にて、整理収納アドバイザーとして活動開始。
お客様へ整理収納サービス行いながら、スタッフさん向けの整理収納の講座や研修を担当。

その後、「人生がときめく片づけの魔法」著者:近藤麻理恵さんが顧問を務める『日本ときめき片づけ協会』の0期生として、
こんまりさんから直伝で「ときめき片づけ法」を習得。

2014年より、片づけコンサルタントとして活動開始。

関わらせていただいたお客様は、延べ500名以上にのぼる。

お客様の『好きなモノに囲まれたお部屋づくり』のお手伝いができることに喜びを感じ、日々活動中。

【 保持資格 】
☆整理収納アドバイザー1級
☆整理収納アドバイザー2級認定講師
☆ときめき片づけインストラクター
☆ときめき片づけコンサルタント2級

-整理収納術, クローゼット

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.