整理収納術 洗濯機

ランドリーラックを上手く利用して、収納も掃除もカンタンに!

投稿日:

洗濯機の周りは、ほとんど毎日使う場所なのに、とにかく狭いスペースで、少し放っておくだけで直ぐにグチャグチャになってきてしまいます。
しかも、我が家ではランドリーに掃除用品も一緒に置いてあります。

普通だったら散らかりがちになるものですが、ずっとキレイなまま使いやすい状態をキープしています!
そこで今回は私がオススメする洗濯機周りの収納方法をご紹介します!

ランドリーラックをサイドに置いて洗濯機周りをキレイに保つ!

 
今回洗濯機周りをキレイにするために利用しているのは、低価格で簡単な「突っ張り式のランドリーラック」です。
普通なら洗濯機のところに、重ねて設置するものだと思うのですが、洗濯機はそのまま置き、その隣にランドリーラックとカラーボックスを設置しています。

ランドリーラックは本来ならばデッドスペースを有効活用する為に、洗濯機の上方や壁面に設置するべきなのですが、どうしても洗濯機周辺は糸くずやホコリが増え掃除がしにくくなるので、洗濯機周りをキレイに保つ為に横に並べて設置しています。
デメリットとしては、ランドリーラック自体が安価なため、あまり重たいものを置くことができないということぐらいですね。

1段目トイレットペーパーやティッシュペーパーなどの高さのあるもので、直ぐに取り出しやすいものを収納。

2段目に洗濯ネットや洗濯ばさみ等を、紙袋ボックスを使いグチャグチャにならないように分けて収納しています。このような感じでランドリーラックは軽量なものを中心に収納しています。

ランドリーラックの下にはカラーボックスを設置しています。カラーボックスの上に洗剤類をすぐに手に取れるように置いています。生活感が出てしまうものばかりですが、物の定位置が決まっていれば、日々の作業する空間でもキレイなまま保つことができます。

カラーボックスの中は、1段目にタオルを収納、2段目、3段目には掃除用品や殺虫剤を収納しています。カラーボックスの中はカゴや袋で仕分けをし、取り出しやすく、かつ見やすく収納しています。また、ドア付きのボックスのため、お客さんに見られても全く気にならないようになっています。

洗濯機の前には、洗濯カゴとハンガーを一緒に入れて置いています。そして、洗濯機とランドリーラックの隙間にクリーナーとモップを置いています。毎日使用するので、すっと取り出せるようになっています。

まとめ

このように本来の使い方から少し違った使い方をすれば、より一層便利な収納方法が見つかることがあります。
限りあるスペースをどうやって有効に活用していくのかが、収納術にとって大切なことですね。

ライタープロフィール
mykura-user mykura-user

-整理収納術, 洗濯機
-,

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.