押入れ 整理収納術 物置 倉庫(トランクルーム)

使用頻度が少ないモノの保管方法

投稿日:

MYKURABOX2

モノを使用する頻度は、モノによって異なるのは当然ですよね。いつも使用する物は、毎日使用する鞄の中に入っているけど、たまにしか使わないものは引き出しの奥底に…。

整理収納アドバイザー2級の公式テキストには、「使用頻度別ボックス」というものがあります。筆者も、整理収納アドバイザー2級の講座を受講した時に、勉強したことを記憶しています。

使用頻度別ボックスとは、モノを使用頻度別に分類し、使用頻度ごとに収納する箱を別にして管理するのに使用する箱のことです。モノを整理することは、モノを分類することから始めます。分類を進めていった時に明らかに不要で捨てることができるものは捨てればよいのですが、数年に1回は使用していたり、使用しないけれども思い出があるために捨てられないというモノもあります。
そのような時、使用頻度別にモノを分類し、箱に入れて保管し、目の付くところに置いておき、それが使われているか否かを意識することで、徐々に捨てる決断ができるようになります。目につくところと言っても、収納スペースの問題がある場合は、トランクルーム等、定期的に訪れる場所に保管するのでもよいと思います。

ただ、箱に入れておくだけでは、中に何が入っていたかを思い出すことができませんので、箱の脇に収納物リストを付けておくということが必要です。ただ、沢山の収納物があると、明記するのも大変ですよね。

そこで、弊社 株式会社トポロジでは、保管物管理に便利なスマホ写真撮影台付段ボールの開発を行い販売しております。

しかも、MYKURA.COMのWebサイト若しくはアプリから無料会員登録することにより、撮影した写真をMYKURA.COMのサーバー上で管理することができます。これで、段ボールの脇に収納物リスト付けなくとも、いつでも、どの段ボールに何を収納しているかを把握することができます(段ボールの名称だけは、段ボールに書いておいてくださいね)。

実際に会員登録して、撮影するまでの手順は次の通りです。

  1. 会員登録します
  2. ダンボールを組み立てます
  3. MYKURABOX撮影用アタッチメント1

    MYKURABOX撮影用アタッチメント2

    MYKURABOX撮影用アタッチメント3

  4. 段ボールに収納しモノを撮影します
  5. 保管商品

    MYKURABOXスマホ撮影

  6. 箱に管理用の名前をつけます
  7. MYKURA.COMで管理します
  8. MYKURACOMモノ管理2

MYKURA BOX(専用段ボール)とスマホ写真撮影台をセットで販売していますが、スマホ写真撮影台だけをご購入いただき、お手持ちの段ボールにセットすることでも撮影はできます。但し、撮影台を固定する必要があるので、①撮影台を組み立てて、ホチキス止めしておくこと、②段ボールの蓋をしっかりと直立させ、スマホを置いてもぐらつきがないようにしてください。スマホが転落して破損すると大変です。推奨の使用方法ではありませんので、スマホが転落しても弊社では責任は負いかねますので、このご使用は自己責任でお願い致します。

MYKURABOX撮影用アタッチメント4

MYKURA BOXを利用すれば、そのような心配は減るのですが、段ボールの配送料はかなり高く、業者様を除く個人の方は、撮影台のみのご購入がリーズナブルです。

実は、段ボールは軽いのですが、たたんだ状態ですと大きく(送料を決定する際の3辺合計値が大きく)、送料が高いのです。そのため、お引越し業者の方や整理収納アドバイザーの方などでまとめてご購入いただける場合はよいのですが、個人の方ですとなかなか割に合わないのではと思います。

なお、現在はAmazonで販売しておりますが、直接お問合せ頂いても販売可能ですので、お気軽にお問合せ下さい。

MYKURA.COMは単なるトランクルームの検索サイトではなく、サイトご利用者様の収納環境、更には生活環境の改善にお役に立ちたいと考えております。これを機会に、益々のMYKURA.COMをご利用頂けますよう、宜しくお願い致します。

※ MYKURA BOXは、レンゴー株式会社様と弊社で意匠登録済みでございます。

ライタープロフィール
MYKURA.COM MYKURA.COM

トランクルーム・レンタル収納検索サイトMYKURA.COMです。
新着情報や整理収納関連のコンテンツを発信していきます!

-押入れ, 整理収納術, 物置, 倉庫(トランクルーム)

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2018 AllRights Reserved Powered by STINGER.