整理収納術

余ったダンボールをリメイク!便利な収納グッズに再活用!

更新日:

皆さん、空き箱はどうしていますか?

ほとんどの人が捨ててしまいますよね。ブランド物の空箱や紙袋だったら、オークションに出品しることもできます。コレクション性も高いため意外と落札率も高いのです。
しかしダンボールだと別。オークションに出すほど高級感のあるダンボールなんてありませんよね笑

そこで今回は、余ってしまったダンボールを使った収納方法をご紹介します!

ダンボールを可愛くリメイク!

ダンボールは強度もあって丈夫に作られていますから、アイディア次第では何かに生まれ変わることができます。

我が家では同じサイズのダンボールをストックし、収納用として活用しています。

ダンボールのデザインには元々何が入っていたか分かるようなロゴやイラストが入っていたり、全く無地のシンプルな物までさまざまです。
しかし一目でダンボールと分かるような収納方法は、何か物足りない気がしますしオシャレ感はありませんよね。

私の自慢のリメイクは、全体に可愛いプリント柄の生地を貼り、モチーフなどで装飾しています!
その完成品を、ゴミ箱やキッチンの収納に使っています。

ちなみにゴミ箱でも生ごみを入れるのではなく、「缶」や「ペットボトル」専用です。
地域によって違うでしょうが、最近はゴミも分別収集が厳しくなり、最低でも4種類に分けなくてはなりません。
小分けにされたゴミを入れておくのに今回のダンボールゴミ箱はピッタシです!

専用の物も販売されていますが、スタイリッシュなゴミ箱はお値段もお高め。
その点ダンボールのリメイクなら、汚れても惜しげなく捨てられますし、お気に入りのキャラクターなどの生地を貼れば、子供にも好評です。

お金さえ出せば何でも買える世の中ですが、一工夫してオリジナルの物を作り出す過程も楽しいものです。
用途はゴミ箱だけでなく、おもちゃ箱や雑誌入れなど収納方法は違ってきます。
エコにも繋がるダンボールのリメイクを是非試してみて下さい。

まとめ

たかがダンボールされどダンボールですね。こんなに使い勝手の良い物を使わない手はないでしょう。生地がない場合は包装紙でもいいですし、絵心のある人はペイントしても素敵ですね。同じデザインで統一すると一体感が生まれてより家具に近づくような気がします。

収納方法には正解と不正解はないでしょう。快適な収納術は、人其々の個性によって作られるからです。

-整理収納術
-,

Copyright© 整理収納情報|MYKURA.COM , 2017 AllRights Reserved Powered by STINGER.